ウォーターサーバー

 

無料宅配・レンタル0円・ウォーターサーバーならコスモウォーター

 

ウォーターサーバー 比較

たくさんあるミネラルウォーターのディスペンサーから、何をどうやって選べばいいんでしょう?

あまりにもたくさんあって... 結局テレビでやってたり、広告が入ってきたりしたものにお願いしがちだけど、毎日飲むお水ですから、しっかり選びたいですよね。

比較をしているサイトも見つかりますが、いくつかを比べているだけで、それでいいのかしらと思ってしまいます。私には、聞いたこともないような名前のところは不安です。それに天然の水は、採水地、処理、ボトリング、配送可能地域、契約形態が違うものがたくさんあって分かりにくいですよね。

いくつかの比較サイトは整理して分かりやすいですが、100種類以上のウォーターサーバーを比較できるここは一押しです。

 

 

 

ウォーターサーバー 電気代

 

ウォーターサーバーは電気で、水を冷やしたり、温めたりして、すぐにお茶が淹れられるようにしています。

つまり常に通電されていて、電気を消費、喰っているのです。そうなるとディスペンサー自体の電気代も気になってきます。エコモードのあるもののほうが電気代は安く済むようです。

ただ、電気機器とちがって、電気代の安いものをと探すと、飲料水を含めたときには、必ずしも全体として安いわけではありません。

さらに、飲料水自体の好みもありますから、機器の選びかたは最終的には人それぞれということになります。

 

 

ウォーターサーバー フレシャス

 

 

今一番ネットで注目を浴びているのがフレシャス。飲料水は富士山からの天然水「フレシャス富士」。毎月放射性物質に関する試験を好評しているから安心ですね。最近では、パワースポットと言われる木曽の霊峰御嶽山の麓から湧き出る名水「フレシャス木曽」を選択することもできるようになったそうですよ。

 フレシャスの売りは使い始めても外気がボトルの中に入ってきにくい構造になっているので、いつまでも新鮮なお水を飲むことができること。

多くのサーバーでは、水を使うと、ボトルの中に空気が入る構造になっているので、室内の空気に混じっているチリ、ホコリ、雑菌なども取り込んでしまいます。また、このボトルは返却しないので、水がなくなったかさ高くて邪魔なボトルを置いておく必要がないのも私には好都合です。

費用的には、ボトルは7.5Lで1050円と少し高めですが、サーバーレンタル、配送量、メンテナンス料ともに無料なので、全体の価格としてはどれくらいの量を飲まれるかによりそうです。

 

 

 

 

 

 

  • SEOブログパーツ

 

 

ページトップへ